趣味の園芸用語集 TOP は行園芸用語 > 深植え(ふかうえ)

深植え(ふかうえ)

球根を深く植えること。

一般に、深植えすると根が生長しにくくなる、根腐れの原因になる、茎の部分が腐るなどとされています。
こう書くと、あまりイメージが良くありませんが、逆にこうしたほうがいい植物もあるんです。

「ユリ」の球根には、体を支える下根と肥料や水を吸収する上根があります。
上根は、土中の茎の部分から発生する根です。上根を発達させるために、ある程度の深植えをするのです。穴の深さの目安としては、球根の4~5倍ほどにします。

しかしあまり深くしすぎると腐ってしまうので、加減は必要で、はじめてユリ栽培に挑戦する場合やはじめての品種の植え付けの場合は、やや浅めに植え付けて灌水に注意すると失敗が少ないとも言われます。

カサブランカ

カサブランカをはじめとするユリの球根は深植え気味にします。



リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2007/03/post_235.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:深植え(ふかうえ)</a>

▼その他のは行園芸用語 一覧
胚珠(はいしゅ)
排水性(はいすいせい)
這い性(はいせい)
ハイドロカルチャー
ハイドロボール
胚乳(はいにゅう)
葉肥(はごえ)
葉挿し(はざし)
播種(はしゅ)
葉性(はしょう)
鉢(はち)
鉢上げ(はちあげ)
発根促進剤(はっこんそくしんざい)
花がら(はながら)
花芽(はなめ)
葉水(はみず)
葉芽(はめ)
葉芽挿し(はめざし)
葉焼け(はやけ)
腹接ぎ(はらつぎ)
ハンギング仕立て(はんぎんぐじたて)
ハンギングバスケット(はんぎんぐばすけっと)
培養土(ばいようど)
ばらまき
バーク
バーク堆肥
バーミキュライト
パーライト
肥効(ひこう)
ひこばえ
非耐寒性(ひたいかんせい)
肥料負け/肥料焼け(ひりょうまけ/ひりょうやけ)
深植え(ふかうえ)
覆輪(ふくりん)
富士砂(ふじずな)
斑(ふ)/斑入り(ふいり)
仏炎苞(ぶつえんほう)
保水性(ほすいせい)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典