趣味の園芸用語集 TOP は行園芸用語 > 葉焼け(はやけ)

葉焼け(はやけ)

夏の強い直射日光などが原因で、葉が枯れてしまうこと。

部分的に、褐色や白になって、その部分が枯れ、元には戻りません。
高温や強い光によって、蒸散過多状態になり、葉の細胞温度が上がりすぎてしまうのです。
人間の「ひどい日焼け」にもちょっと似ています。

室内や日陰に置いていた鉢を、急に直射日光の当たる場所に移したりすると起こりやすいですし、葉の薄い観葉植物なども要注意。
葉焼けしてしまった部分は、残念ですが切り取るしか手はありません。

予防としては、夏場は水を切らさないようにする、半日陰で管理する、遮光ネットなどを利用する、などの方法があります。


窓辺の鉢

日光は大多数の植物に必要ですが、適度な遮光も必要です。


リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2007/01/post_222.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:葉焼け(はやけ)</a>

▼その他のは行園芸用語 一覧
胚珠(はいしゅ)
排水性(はいすいせい)
這い性(はいせい)
ハイドロカルチャー
ハイドロボール
胚乳(はいにゅう)
葉肥(はごえ)
葉挿し(はざし)
播種(はしゅ)
葉性(はしょう)
鉢(はち)
鉢上げ(はちあげ)
発根促進剤(はっこんそくしんざい)
花がら(はながら)
花芽(はなめ)
葉水(はみず)
葉芽(はめ)
葉芽挿し(はめざし)
葉焼け(はやけ)
腹接ぎ(はらつぎ)
ハンギング仕立て(はんぎんぐじたて)
ハンギングバスケット(はんぎんぐばすけっと)
培養土(ばいようど)
ばらまき
バーク
バーク堆肥
バーミキュライト
パーライト
肥効(ひこう)
ひこばえ
非耐寒性(ひたいかんせい)
肥料負け/肥料焼け(ひりょうまけ/ひりょうやけ)
深植え(ふかうえ)
覆輪(ふくりん)
富士砂(ふじずな)
斑(ふ)/斑入り(ふいり)
仏炎苞(ぶつえんほう)
保水性(ほすいせい)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典