趣味の園芸用語集 TOP は行園芸用語 > 葉水(はみず)

葉水(はみず)

霧吹きで、茎や葉に水を吹きかけること。
「シリンジ」とも呼ばれており、ジョウロを使ってかけることもあります。

葉の周りの空中湿度を高めたり、葉についたホコリを洗い流す、葉の温度を下げる、ハダニの被害を防止する、などの目的で行います。

観葉植物など湿度の高い所が原産の植物には、こまめに施してあげるとよいでしょう。


霧吹き

葉水には、霧吹きを用いるのが一般的です。



リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/12/post_218.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:葉水(はみず)</a>

▼その他のは行園芸用語 一覧
胚珠(はいしゅ)
排水性(はいすいせい)
這い性(はいせい)
ハイドロカルチャー
ハイドロボール
胚乳(はいにゅう)
葉肥(はごえ)
葉挿し(はざし)
播種(はしゅ)
葉性(はしょう)
鉢(はち)
鉢上げ(はちあげ)
発根促進剤(はっこんそくしんざい)
花がら(はながら)
花芽(はなめ)
葉水(はみず)
葉芽(はめ)
葉芽挿し(はめざし)
葉焼け(はやけ)
腹接ぎ(はらつぎ)
ハンギング仕立て(はんぎんぐじたて)
ハンギングバスケット(はんぎんぐばすけっと)
培養土(ばいようど)
ばらまき
バーク
バーク堆肥
バーミキュライト
パーライト
肥効(ひこう)
ひこばえ
非耐寒性(ひたいかんせい)
肥料負け/肥料焼け(ひりょうまけ/ひりょうやけ)
深植え(ふかうえ)
覆輪(ふくりん)
富士砂(ふじずな)
斑(ふ)/斑入り(ふいり)
仏炎苞(ぶつえんほう)
保水性(ほすいせい)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典