趣味の園芸用語集 TOP は行園芸用語 > ハンギング仕立て(はんぎんぐじたて)

ハンギング仕立て(はんぎんぐじたて)

壁に掛けたり、空中に吊せるように植物を植え込める容器「ハンギングバスケット」に仕立てた寄せ植えなどのこと。
植物を、上下や横の目線から観賞するガーデニングの手法です。
ハンギングバスケットのほかに吊り鉢、ウオールポットなどが使いられます。コンテナ園芸の形状のひとつです。

専用の容器の底面にマット(スポンジやヤシ繊維など)を敷き、土を入れて植物を植え込みます。

英語の「ハンギング」本来の意味は、「上から容器をつり下げる」ことを指しますが、壁に掛けるタイプ(ウォールバスケット)も含まれることがほとんどのようです。

スペースが有効に利用できることや、すぐれた装飾性などの観点から、都市型生活にマッチした現代的な園芸スタイルとして、ますます人気が高まっている仕立て方です。

しかし、一般に乾燥しやすいので、水の管理に気を配る必要があるようです。

ハンギング仕立て

空間を有効利用でき、装飾性にも富むハンギング仕立て



リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2007/01/post_225.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:ハンギング仕立て(はんぎんぐじたて)</a>

▼その他のは行園芸用語 一覧
胚珠(はいしゅ)
排水性(はいすいせい)
這い性(はいせい)
ハイドロカルチャー
ハイドロボール
胚乳(はいにゅう)
葉肥(はごえ)
葉挿し(はざし)
播種(はしゅ)
葉性(はしょう)
鉢(はち)
鉢上げ(はちあげ)
発根促進剤(はっこんそくしんざい)
花がら(はながら)
花芽(はなめ)
葉水(はみず)
葉芽(はめ)
葉芽挿し(はめざし)
葉焼け(はやけ)
腹接ぎ(はらつぎ)
ハンギング仕立て(はんぎんぐじたて)
ハンギングバスケット(はんぎんぐばすけっと)
培養土(ばいようど)
ばらまき
バーク
バーク堆肥
バーミキュライト
パーライト
肥効(ひこう)
ひこばえ
非耐寒性(ひたいかんせい)
肥料負け/肥料焼け(ひりょうまけ/ひりょうやけ)
深植え(ふかうえ)
覆輪(ふくりん)
富士砂(ふじずな)
斑(ふ)/斑入り(ふいり)
仏炎苞(ぶつえんほう)
保水性(ほすいせい)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典