趣味の園芸用語集 TOP は行園芸用語 > 花芽(はなめ)

花芽(はなめ)

ゆくゆくは、つぼみ → 花になる芽のこと。

植物の芽には、葉になるものと花になるものと2種類あります。
葉芽に比べると、大きく丸みを帯びた形をしているものが一般的です。

花は、植物にとっての「生殖器官」。
自然状態において花芽をつくるための条件は、各植物体によって異なり、その条件が整うと花芽をつくるようになります(花芽分化)。
園芸植物では、これを人工的に操作して花芽を分化させ、開花期を調整しています。

花木の剪定にあたっては、花芽分化の時期を把握して行うことも必要になってきます。
時期をあやまると、花芽を切ってしまい、次の花期に花が見られないということにもなってしまいます。


花芽イメージ

植物が花芽を作るためには、各種類によって異なる条件があり、それが花期の違いにあらわれます。


リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/12/post_217.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:花芽(はなめ)</a>

▼その他のは行園芸用語 一覧
胚珠(はいしゅ)
排水性(はいすいせい)
這い性(はいせい)
ハイドロカルチャー
ハイドロボール
胚乳(はいにゅう)
葉肥(はごえ)
葉挿し(はざし)
播種(はしゅ)
葉性(はしょう)
鉢(はち)
鉢上げ(はちあげ)
発根促進剤(はっこんそくしんざい)
花がら(はながら)
花芽(はなめ)
葉水(はみず)
葉芽(はめ)
葉芽挿し(はめざし)
葉焼け(はやけ)
腹接ぎ(はらつぎ)
ハンギング仕立て(はんぎんぐじたて)
ハンギングバスケット(はんぎんぐばすけっと)
培養土(ばいようど)
ばらまき
バーク
バーク堆肥
バーミキュライト
パーライト
肥効(ひこう)
ひこばえ
非耐寒性(ひたいかんせい)
肥料負け/肥料焼け(ひりょうまけ/ひりょうやけ)
深植え(ふかうえ)
覆輪(ふくりん)
富士砂(ふじずな)
斑(ふ)/斑入り(ふいり)
仏炎苞(ぶつえんほう)
保水性(ほすいせい)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典