培養土(ばいようど)

植物を育てるときに使う土のこと。
「コンポスト」「用土」とも呼ばれます。

赤玉土などの基本用土に、腐葉土・バーミキュライトなどの土壌改良材を混合した土です。

植物の栽培には自然の土を単体で使うこともありますが、園芸に用いる場合は植物の栽培に適するように、土質の異なる数種の土を混ぜて使います。

「バラの土」「ランの土」「観葉植物の土」といった名称で、ホームセンターなどで市販されているものが手軽に使えます。自分で土を配合する手間が省けます。

「鉢花用」「ハンギングバスケット用」など、さまざまなタイプのものが売られていますので、目的に応じて選んで使い分けるとよいでしょう。


リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/11/post_210.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:培養土(ばいようど)</a>

▼その他のは行園芸用語, 用土:園芸用語 一覧
胚珠(はいしゅ)
排水性(はいすいせい)
這い性(はいせい)
ハイドロカルチャー
ハイドロボール
胚乳(はいにゅう)
葉肥(はごえ)
葉挿し(はざし)
播種(はしゅ)
葉性(はしょう)
鉢(はち)
鉢上げ(はちあげ)
発根促進剤(はっこんそくしんざい)
花がら(はながら)
花芽(はなめ)
葉水(はみず)
葉芽(はめ)
葉芽挿し(はめざし)
葉焼け(はやけ)
腹接ぎ(はらつぎ)
ハンギング仕立て(はんぎんぐじたて)
ハンギングバスケット(はんぎんぐばすけっと)
培養土(ばいようど)
ばらまき
バーク
バーク堆肥
バーミキュライト
パーライト
肥効(ひこう)
ひこばえ
非耐寒性(ひたいかんせい)
肥料負け/肥料焼け(ひりょうまけ/ひりょうやけ)
深植え(ふかうえ)
覆輪(ふくりん)
富士砂(ふじずな)
斑(ふ)/斑入り(ふいり)
仏炎苞(ぶつえんほう)
保水性(ほすいせい)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典