趣味の園芸用語集 TOP か行園芸用語 > コンパニオンプランツ

コンパニオンプランツ

主植物の側に植えると、有益な働きをする植物のこと。
共栄作物とも言い、互いの成長により影響を与え共栄しあいます。

生育を促進したり、病虫害を防いだりする相互作用をもたらします。
ハーブ類に多く見られ、トマトとバジルは食べて相性が良いのはもちろん、一緒に植えても両方がよく育ちます。

目的に合わせて上手にコンパニオンプランツを利用すると、農薬散布や施肥の回数や量を減らすことができるため、有機栽培・環境保護の観点から注目をあつめています。

管理人も、畑で育てているミニトマトの苗の根元に、バジルのタネをまきました。


《主な組み合わせ》
バジル・・・トマト
ナスタチウム・・・トマト、キュウリ、ナス、バラ、ラズベリー、リンゴ
マリーゴールド・・・ アブラナ科の植物、ジャガイモ、イチゴ類
パセリ・・・トマト、アスパラガス、ニンジン
カモミール・・・たまねぎ、かぶ、キャベツ

カモミール

「植物のお医者さん」と呼ばれる、コンパニオンプランツの代表種、カモミール



リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/06/post_97.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:コンパニオンプランツ</a>

▼その他のか行園芸用語 一覧
乾果(かんか)
塊茎(かいけい)
塊根(かいこん)
花茎(かけい)
活着(かっちゃく)
鹿沼土(かぬまつち)
カバープランツ
株立ち(かぶだち)
株分け(かぶわけ)
花柄(かへい)
カラーリーフプランツ
軽石(かるいし)
カルス
枯れ込み(かれこみ)
川砂(かわずな)
緩行性肥料(かんこうせいひりょう)
寒肥(かんごえ・かんぴ)
灌水(かんすい)
帰化植物(きかしょくぶつ)
気根(きこん)
木立ち性(きだちせい)
基本種(きほんしゅ)
客土(きゃくど)
球茎(きゅうけい)
球根(きゅうこん)
休眠(きゅうみん)
鋸歯(きょし)
切り返し(きりかえし)
切り接ぎ(きりつぎ)
切り戻し(きりもどし)
桐生砂(きりゅうずな)
茎挿し(くきざし)
苦土石灰(くどせっかい)
クレイボール(クレーボール)
黒土(くろつち)
グラウンドカバー
珪酸塩白土(けいさんえんはくど)
形成層(けいせいそう)
茎節(けいせつ)
ケト土(けとつち)
嫌光性種子(けんこうせいしゅし)
好光性種子(こうこうせいしゅし)
光合成(こうごうせい)
交雑(こうざつ)
交配(こうはい)
腰水(こしみず)
固定種(こていしゅ)
根茎(こんけい)
コンテナ
コンパニオンプランツ
コンポスト
号(ごう・植木鉢のサイズ)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典