接ぎ木(つぎき)

植物の枝や芽を、別の植物につなぎ合わせる繁殖方法のこと。

根の部分を「台木」、接ぐ枝や芽の部分を「接ぎ穂」と言います。

栄養繁殖のひとつの方法で、繁殖力が弱くて育てにくい品種や、希少な品種を丈夫な台木に接いで生育させる目的などで行われます。

とくに、果樹で多く行われ、カンキツ類の台木に、丈夫なカラタチが用いられたりします。

《特色》
・タネから育てるのに比べ(実生)、開花や結実の期間が短くて確実
・挿し木の難しい植物にも応用できる
・台木の選び方で、「樹勢の調整」「環境適応性を高める」「病害虫に対する抵抗力を高める」「品質のよい果実をたくさん成らせる」など、の目的を実現できること

なお、方法に関しては、接ぐ部位により「枝接ぎ」「芽接ぎ」「根接ぎ」などと違った名称で表わされることがあるので、それぞれの項をご参照下さい。

また、「どこに接ぐか」によっても、「腹接ぎ」「高接ぎ」などと分類されることがあります。

カラタチ

柑橘類の台木として使われるカラタチ。
寒さにも強く、上に接ぐ木をがっちりと支えてくれる役割を果たします。



リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/08/post_169.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:接ぎ木(つぎき)</a>

▼その他のた行園芸用語, 繁殖法:園芸用語 一覧
着生/半着生(ちゃくせい・はんちゃくせい)
耐陰性(たいいんせい)
耐寒性(たいかんせい)
耐暑性(たいしょせい)
堆肥(たいひ)
高植え(たかうえ)
他家受粉(たかじゅふん)
高取り法(たかとりほう)
高芽(たかめ)
立ち性(たちせい)
多肉果(たにくか)
多肉根(たにくこん)
多肉植物(たにくしょくぶつ)
多年草(たねんそう)
短日植物(たんじつしょくぶつ)
単粒構造(たんりゅうこうぞう)
台木(だいぎ)
駄温鉢(だおんばち)
団粒構造(だんりゅうこうぞう)
地下茎(ちかけい)
中性植物(ちゅうせいしょくぶつ)
頂芽(ちょうが)
長日植物(ちょうじつしょくぶつ)
直根(ちょっこん)
追肥(ついひ)
通気性(つうきせい)
接ぎ木(つぎき)
接ぎ木テープ(つぎきてーぷ)
接ぎ穂(つぎほ)
定植(ていしょく)
底面吸水(ていめんきゅうすい)
摘果(てきか/てっか)
摘花(てきか/てっか)
摘芯・摘心(てきしん)
摘蕾(てきらい)
展着剤(てんちゃくざい)
点まき(てんまき)
徒長(とちょう)
トピアリー
共台(ともだい)
取り木(とりき)
採りまき(とりまき)
トレリス
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典