趣味の園芸用語集 TOP た行園芸用語 > 多年草(たねんそう)

多年草(たねんそう)

タネまきや植え付けをしたあと、数年に渡って開花・結実を繰り返す草本のこと。

「宿根草」とも言われます。
年間を通して常緑のものと、冬または夏に地上部分が枯れるものに分かれます。

球根類も多年草に属しますが、一応「球根植物」と分類されています。

長年にわたって株が生存しますが、種類によって「耐暑性」「耐寒性」が異なり、どこで生育しているかによっても状況が変わってきます。

原産国では多年草として栽培されている植物も、「日本の園芸上では1年草」として扱われている植物もあるのはこのためで、日本の夏の高温多湿を乗り切れない種が結構あります。

ヨーロッパ原産のビオラから作られた「パンジー」は、耐寒性には富んでいますが、夏は苦手。
ほとんどが枯れてしまいます。しかしヨーロッパでは、「多年草」として扱われています。

パンジー

パンジーは本来多年草です。



リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/07/post_157.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:多年草(たねんそう)</a>

▼その他のた行園芸用語 一覧
着生/半着生(ちゃくせい・はんちゃくせい)
耐陰性(たいいんせい)
耐寒性(たいかんせい)
耐暑性(たいしょせい)
堆肥(たいひ)
高植え(たかうえ)
他家受粉(たかじゅふん)
高取り法(たかとりほう)
高芽(たかめ)
立ち性(たちせい)
多肉果(たにくか)
多肉根(たにくこん)
多肉植物(たにくしょくぶつ)
多年草(たねんそう)
短日植物(たんじつしょくぶつ)
単粒構造(たんりゅうこうぞう)
台木(だいぎ)
駄温鉢(だおんばち)
団粒構造(だんりゅうこうぞう)
地下茎(ちかけい)
中性植物(ちゅうせいしょくぶつ)
頂芽(ちょうが)
長日植物(ちょうじつしょくぶつ)
直根(ちょっこん)
追肥(ついひ)
通気性(つうきせい)
接ぎ木(つぎき)
接ぎ木テープ(つぎきてーぷ)
接ぎ穂(つぎほ)
定植(ていしょく)
底面吸水(ていめんきゅうすい)
摘果(てきか/てっか)
摘花(てきか/てっか)
摘芯・摘心(てきしん)
摘蕾(てきらい)
展着剤(てんちゃくざい)
点まき(てんまき)
徒長(とちょう)
トピアリー
共台(ともだい)
取り木(とりき)
採りまき(とりまき)
トレリス
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典