趣味の園芸用語集 TOP あ行園芸用語 > 黄化(おうか)

黄化(おうか)

緑色植物を暗い場所で育てた場合に、黄色や黄白色になる現象のこと。
日光にあたらないと葉緑素が合成されずにカロチノイドだけが生成されるために起こります。
葉緑素、貯蔵養分をもつ植物体は、極端な光不足や暗闇では通常よりも細長く、弱々しい姿になり(徒長)、黄化します。
中国野菜の「黄ニラ」は、ニラを日光に当てずに育て、黄化させたもの。

黄化した枝は、発根性が高くなることから、さし木のさし穂として利用するために、光を遮断して芽を出させること(黄化処理)もあります。

葉が老化して黄色くなるのは黄変といいます。


リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/05/post_39.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:黄化(おうか)</a>

▼その他のあ行園芸用語 一覧
赤玉土(あかだまつち)
明るい日陰/半日陰(はんひかげ)
上げ接ぎ(あげつぎ)
朝明砂(あさけずな)
圧条法(あつじょうほう)
油かす(あぶらかす)
アプローチ
行灯仕立てあんどんじたて)
アンプル剤
アーチ仕立て
維管束(いかんそく)
育種(いくしゅ)
育苗(いくびょう)
育苗箱(いくびょうばこ)
一代雑種(いちだいざっしゅ)
一年枝(いちねんし)
一年草(いちねんそう)
一季咲き(いっきざき)
一歳性(いっさいせい)
居接ぎ(いつぎ)
陰樹(いんじゅ)
陰生植物(いんせいしょくぶつ)
ウォータースペース
羽状複葉(うじょうふくよう)
打ち水(うちみず)
内芽(うちめ)
上根(うわね)
栄養繁殖(えいようはんしょく)
腋芽(えきが・わきめ)
液肥(えきひ)
枝変わり(えだがわり)
枝挿し(えださし)
枝透かし(えだすかし)
枝つぎ(えだつぎ)
枝抜き(えだぬき)
F1(エフワン)
園芸品種(えんげいひんしゅ)
エントランス
黄化(おうか)
置き肥(おきひ・おきごえ)
親株(おやかぶ)/子株(こかぶ)
お礼肥(おれいごえ・おれいひ)
温帯性植物(おんたいせいしょくぶつ)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典