趣味の園芸用語集 TOP あ行園芸用語 > 一年草(いちねんそう)

一年草(いちねんそう)

タネから芽が出て生長し、花が咲いて実を結び、枯れるまでの期間が1年以内の植物を、一年草といいます。
春にまいて夏〜秋に咲くタイプと秋にまいて翌年の春〜夏に咲くタイプに大別されます。
また、熱帯性のバジルなどは本来、数年枯れない植物ですが、日本の冬の寒さに耐えきれず枯死してしまうので、「一年草」として扱われます。
試しにこの冬、バジルを屋内に移して管理したところ、年内は持ちましたが、正月を過ぎて枯れてしまいました。

ヒマワリ

ヒマワリは「一年草」。夏に開花した後、種を作って枯死します。


リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/01/post_16.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:一年草(いちねんそう)</a>

▼その他のあ行園芸用語 一覧
赤玉土(あかだまつち)
明るい日陰/半日陰(はんひかげ)
上げ接ぎ(あげつぎ)
朝明砂(あさけずな)
圧条法(あつじょうほう)
油かす(あぶらかす)
アプローチ
行灯仕立てあんどんじたて)
アンプル剤
アーチ仕立て
維管束(いかんそく)
育種(いくしゅ)
育苗(いくびょう)
育苗箱(いくびょうばこ)
一代雑種(いちだいざっしゅ)
一年枝(いちねんし)
一年草(いちねんそう)
一季咲き(いっきざき)
一歳性(いっさいせい)
居接ぎ(いつぎ)
陰樹(いんじゅ)
陰生植物(いんせいしょくぶつ)
ウォータースペース
羽状複葉(うじょうふくよう)
打ち水(うちみず)
内芽(うちめ)
上根(うわね)
栄養繁殖(えいようはんしょく)
腋芽(えきが・わきめ)
液肥(えきひ)
枝変わり(えだがわり)
枝挿し(えださし)
枝透かし(えだすかし)
枝つぎ(えだつぎ)
枝抜き(えだぬき)
F1(エフワン)
園芸品種(えんげいひんしゅ)
エントランス
黄化(おうか)
置き肥(おきひ・おきごえ)
親株(おやかぶ)/子株(こかぶ)
お礼肥(おれいごえ・おれいひ)
温帯性植物(おんたいせいしょくぶつ)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典