趣味の園芸用語集 TOP あ行園芸用語 > 育種(いくしゅ)

育種(いくしゅ)

新しい品種を作り育てること。「品種改良」です。
目的に合う性質の品種を、交配を重ねて作り出したり、突然変異で生じたものから優れた性質を持つものを選抜したりします。

新種の開発は競争が激化していて、企業秘密とされていることが多いようです。
種の「特許」「商標登録」「権利」取得も盛んに行われていますが、「違法コピー」は園芸界でも大きな問題となっています。


リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/01/post_11.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:育種(いくしゅ)</a>

▼その他のあ行園芸用語 一覧
赤玉土(あかだまつち)
明るい日陰/半日陰(はんひかげ)
上げ接ぎ(あげつぎ)
朝明砂(あさけずな)
圧条法(あつじょうほう)
油かす(あぶらかす)
アプローチ
行灯仕立てあんどんじたて)
アンプル剤
アーチ仕立て
維管束(いかんそく)
育種(いくしゅ)
育苗(いくびょう)
育苗箱(いくびょうばこ)
一代雑種(いちだいざっしゅ)
一年枝(いちねんし)
一年草(いちねんそう)
一季咲き(いっきざき)
一歳性(いっさいせい)
居接ぎ(いつぎ)
陰樹(いんじゅ)
陰生植物(いんせいしょくぶつ)
ウォータースペース
羽状複葉(うじょうふくよう)
打ち水(うちみず)
内芽(うちめ)
上根(うわね)
栄養繁殖(えいようはんしょく)
腋芽(えきが・わきめ)
液肥(えきひ)
枝変わり(えだがわり)
枝挿し(えださし)
枝透かし(えだすかし)
枝つぎ(えだつぎ)
枝抜き(えだぬき)
F1(エフワン)
園芸品種(えんげいひんしゅ)
エントランス
黄化(おうか)
置き肥(おきひ・おきごえ)
親株(おやかぶ)/子株(こかぶ)
お礼肥(おれいごえ・おれいひ)
温帯性植物(おんたいせいしょくぶつ)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典