趣味の園芸用語集 TOP さ行園芸用語 > 四季咲き性(しきざきせい)

四季咲き性(しきざきせい)

ある程度株が充実してくると、生育に必要な最低気温があれば、1年中花芽をつけて花を咲かせられる性質をもつ植物のこと。

1年間に何回も繰り返して花を咲かせてくれます。

日本の気候にあてはめると、春から秋にかけて断続的に咲き続ける性質といえます。
冬は戸外ではほとんど咲きませんし、夏の高温多湿に弱い種類もあるので、日本の家庭園芸においては、実質「春・秋咲き(2季咲き)」状態になるものが多いようです。

バラ、ナデシコ、ベゴニアなどに「四季咲き性」の品種がみられます。

春、花の咲いた後に追肥を行うことが、秋の開花を成功させるポイントです。

バラ

バラには四季咲きの種類があります。


リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/06/post_107.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:四季咲き性(しきざきせい)</a>

▼その他のさ行園芸用語 一覧
速効性肥料(そっこいせいひりょう)
自家不稔性(じかふねんせい)
挿し木(さしき)
挿し床(さしどこ)
挿し穂(さしほ)
挿し芽(さしめ)
サッカー
四季咲き性(しきざきせい)
支根(しこん)
下根(したね)
下葉(したば)
子房(しぼう)
遮光(しゃこう)
宿根草(しゅっこんそう・しゅくこんそう)
種皮(しゅひ)
シュート
雌雄異花(しゆういか)
雌雄異株(しゆういしゅ)
掌状複葉(しょうじょうふくよう)
掌状葉(しょうじょうよう)
小葉(しょうよう)
シリンジ
新梢(しんしょう)
新梢接ぎ(しんしょうつぎ)
親和性(しんわせい)
自家受粉(じかじゅふん)
直まき(じかまき)
樹冠(じゅかん)
蒸散(じょうさん)
常緑樹’じょうりょくじゅ)
条蒔き(すじまき)
スタンダード仕立て
素焼き鉢(すやきばち)
整枝(せいし)
成長調節剤(せいちょうちょうせつざい)
節/節間(せつ/せっかん)
先祖返り(せんぞがえり)
剪定(せんてい)
舌状剥皮(ぜつじょうはくひ)
走出枝(そうしゅつし)
草本(そうほん)
側枝(そくし)
側根(そっこん)
外芽(そとめ)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典