趣味の園芸用語集 TOP 繁殖法:園芸用語 > 環状剥皮(かんじょうはくひ)

環状剥皮(かんじょうはくひ)

太い枝や幹の樹皮(表皮から形成層まで)を、2~3センチ程度の幅でぐるっと一周剥ぎ取ること。

「取り木」や、果樹の「花芽分化」をうながしたい時などに使われる手法です。

表皮部分は養分の通り道となっており、剥皮した上部に成長ホルモンや栄養分を集中させることで、発根作用をうながします。
一時的に樹勢を抑える作用もあります。


リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.engei.info/2006/05/post_63.html" target="_blank">趣味の園芸用語集:環状剥皮(かんじょうはくひ)</a>

▼その他の繁殖法:園芸用語 一覧
上げ接ぎ(あげつぎ)
圧条法(あつじょうほう)
居接ぎ(いつぎ)
栄養繁殖(えいようはんしょく)
枝つぎ(えだつぎ)
株分け(かぶわけ)
環状剥皮(かんじょうはくひ)
切り接ぎ(きりつぎ)
茎挿し(くきざし)
挿し木(さしき)
挿し床(さしどこ)
新梢接ぎ(しんしょうつぎ)
舌状剥皮(ぜつじょうはくひ)
高取り法(たかとりほう)
接ぎ木(つぎき)
取り木(とりき)
根挿し(ねざし)
葉挿し(はざし)
葉芽挿し(はめざし)
腹接ぎ(はらつぎ)
 
緑・花文化の知識認定試験ガイド | ビジネスマナー・ガイド | 園芸用語・辞典